イメージ

楽器講師の中には、レッスンで生徒さんに「イメージ」を描かせるのを嫌う人もいます。

しかし、ボイトレにおいて「イメージ」は必要不可欠な要素だと身に染みて感じています。

声なんて目に見える物ではありません。

だから「声をもっと前に飛ばして」と言われても、イメージでしか飛ばせないわけです。

でもそのイメージで声が変わるのです。

楽器演奏においても全く不必要な要素ではないかと思いますが、歌においては細かい説明をゴチャゴチャするよりもイメージを描いてもらった方が、声がグンと変わることもよくある話です。

あぁ…「イメージ」のゲシュタルト崩壊…。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA