口の中

人の体の作りとして、軟口蓋と舌は真逆の動きをします。軟口蓋を上げれば舌は下がる。舌を上げれば軟口蓋が下がる。

だからそれもあって、よく「歌う時はあくびの口をしましょう」って言われるんですね。軟口蓋を上げて舌を下げれば口の中の空間が広がるから、口の中や喉奥で声がたくさん響くわけです。

でもそれが良いのは声楽の場合。その響かせ方だと、響けば響くほどオペラみたいな声になります。

その声で歌いたければそれでOKなのですが、一般の方が出会いたいボイトレはそれじゃないと思います。

ポピュラーミュージックを歌う場合は舌の奥をグイッと上げてください。(舌先は上げないでくださいね。)

そうすると、上がっている舌の奥が、声が口の中に流れるのを少し堰き止めてくれて、声が鼻に入りやすくもなります。

よく言いますよね、鼻腔共鳴。ボイトレ動画を見ていたり、少しボイトレに通ったことがあったりする方は高い確率でこの言葉をご存知かと思います。舌の奥を上げることでその助けもしてくれます。

また、慣れてしまえば、舌の奥が上がっていても軟口蓋も上げられるようになります。

最初は違和感しかないと思いますが、ぜひトライしてみてください!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA